つぎさん家

独り言がだだ漏れ

”D”の意志

どうも つぎです

 

最近余計に目立つプレゼント企画

 

twitteryoutubeが主となってリツイートしたら・フォローしたら該当商品をプレゼント!なんて上手い話があるわけ・・・

 

f:id:hedelick:20170902031245j:plain

 

あったんですよね・・・・

 

しかも、DITA Audioの【DITA Answer Truth】です!

 

現行品当時の実売11万円。しかし現在は生産終了に伴い値崩れしていますが、それでも5万円強と高級イヤホンの部類に入ります。

 

こんなたいそうなもの私にはだいぶ荷が重いのですが、張り切ってレビューしていきましょう♪

 

さて、今回このイヤホンを入手した経緯ですが先程も述べたようにプレゼント企画にたまたま当選してしまったんですが、株式会社アユート様の取り扱い製品「Astell&Kern」のご存知、営業のS氏から事の発端は始まりました。

 

展示使用品のプレゼントが7個もあり食いつきましたが、見当違いなことをツイートしたにも関わらず当選するとは・・・。本当に何があるかわかりませんね。

 

それはともかく、まずは外観から見ていきましょう。

 

 

f:id:hedelick:20170902100615j:plain

 

 

ご覧頂いている通り、昨今のリケーブルが可能なイヤホンが増えている中でこの価格帯では珍しくリケーブルができない仕様になっております。

ケーブルは、van den Hulのケーブルを使用しており共同開発とのことです。

 

van den Hulと言えば、ピュアオーディオ界でも有名なタンノイやエラックなどのスピーカーの内部配線にも使われている非常に信頼性のある優秀なケーブルです。

 

また、端子部はオリジナルの端子を採用しており、非磁性体のカーボンを使用しています。しっかりとしたノウハウがある様でこれは期待が高まりますね!

 

f:id:hedelick:20170902100803j:plain

 

 

さて、本体も見ていきましょう。

 

 

f:id:hedelick:20170902100423j:plain

 

本体は10mmのアルミハウジングを採用しており、共振を抑えるとのこと。また、このイヤホンは部類的にダイナミック型イヤホンです。

 

ケーブルもそうですが、まるでピュアオーディオの世界に通じるものがありますね。

 

では、試聴します。(展示使用品とのことでどれだけ稼働しているかわかりませんが、新品ではないのでだいぶエージングは進んでいると思われます。)

 

試聴環境

・Pioneer XDP-300R

 

【高域】

・非常に抜けの良い綺麗な高域で聴きやすく、でも刺激的な一面もあります。しかし、中低域にスポイルされてしまっています。

 

【中域】

・割と膨らむけど、主張してくる様なボーカル。厚い中域は暖色系。

 

【低域】

・重低音ほどの沈み込みはありませんが、必要十分な低域。中域と相まって非常に心地の良い音。

 

『総合評価』

・各帯域でレビューを行いましたが、それに加えてステレオ感と定位感がかなり良いですね。そのおかげで中低域の厚さが程よく解れる様な感じで煩すぎず、私の中では評価が高いです。残念なのは高域の素晴らしさが中低域でスポイルされてしまっていることですね。なので、もう少し中低域の量感を減らして抜けを良くしてあげればさらにウェルバランスになると思います。イヤーピースやプレイヤーを変えることでそれはすぐ解決できそうです!

 

 いかがでしたでしょうか?

 

もう発売から3年も経つイヤホンですし、後継機が出ていない(最近端子がリケーブルができるモデルは出ました。)以上は主力製品としてまだまだ存在する価値がありそうですね!